Written by 12:45 Apple, iPhone, ネタ

Apple、iPhone や MagSafe アクサセリと医療機器との干渉リスクに関する情報を更新

米メディア MacRumors によると、Apple が iPhone や MagSafe アクサセリと医療機器との干渉リスクに関する情報を更新したということです。

Apple は本日付で、サポートドキュメント About the magnets inside iPhone 12, iPhone 12 mini, iPhone 12 Pro, iPhone 12 Pro Max, and MagSafe accessories の内容を改訂し、

『ペースメーカーや除細動器などの医療機器には、磁石やラジオに反応するセンサーが含まれている場合があります。これらのデバイスとの相互作用の可能性を避けるために、iPhone と MagSafe アクセサリはデバイスから安全な距離を取って下さい(6インチ/15cm以上離して、またはワイヤレスで充電する場合は12インチ/30cm以上離して)。ただし、具体的なガイドラインについては、医師やデバイスメーカーにご相談ください。』

との情報を追記しています。

なお、同社は iPhone 12 の全モデルは、それ以前の iPhone モデルよりも磁石の内蔵量が増えましたが、以前の iPhone モデルと比べて医療機器への磁気干渉リスクが高まることは予測されていないとしています。

 

iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、MagSafe アクセサリに内蔵されている磁石について
About the magnets inside iPhone 12, iPhone 12 mini, iPhone 12 Pro, iPhone 12 Pro Max, and MagSafe accessories

 

Via: MacRumors

(Visited 6 times, 1 visits today)
Close

Error(Copyrighted Image)