Written by 12:02 AM BenQ, 撮影機材

BenQ 27インチWQHD カラーマネジメント液晶ディスプレイ「SW2700PT」がやってきた!【PR】

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は「BenQ カラーマネジメント液晶ディスプレイ SW2700PT」をお借りできましたので、レビューしたいと思います。

・開封

パッケージ

本体(組み立て済み)

内容物は電源コード、SBケーブル、DP to mini DPケーブル、DVI-DLケーブル、マニュアル類、

OSDコントローラーが内容物となっています。

このディスプレイは、横置きはもちろん、

縦置きもできる製品となっています。

端子類は右からUSB-B、DisplayPort、HDMI、DVI、3.5mmAudioジャックとなっています。

ディスプレイの左側面にはUSB-AとSDカードスロットが配置されています。

本体右下部のボタン類は正面ではなく側面に配置されており、見た目はスッキリとした印象です。

ディスプレイスタンドにはOSDコントローラーを置くための窪みがあります。

本製品にはフードも同梱されいます。

個人的にはフードがあると威圧感が半端ないので、キチンと色を見たいときに使うのがベストかと。

普段、24インチのディスプレイを使っているので、27インチのディスプレイを使ってみると世界観が大きく変わりました。やはり、ディスプレイは大きければ大きいほど良いのかもしれませんね。

本製品の主な特徴は、27型WQHD/QHD(2560×1440)解像度、IPS(AHVA)パネル搭載 Adobe RGB 99%カバーしていることとなっており、写真や映像編集など正確な色が求められる作業に適したディスプレイとなっています。

ディスプレイの『色』だけは、実物を見た者しか伝えられないことなので、うまく伝えたい!
とは思うものの、「キレイ!」としか言えない自分がいます…。4Kディスプレイではないので、息をのむほどの美しさ。という訳ではありませんが、文字や写真の輪郭は綺麗に表示されていますし、Adobe RGBカバー率が高いだけあって、色もとても綺麗だと思います。

 

それに加え、実売価格が7万円程度することもありますが、フードやOSDコントローラーなどの付属品が充実している他、端子類もSDカードスロットやUSBポート、各種ディスプレイポートが使用でき、使い勝手は非常に良いディスプレイだと思います。特に、SDカードスロットが左側面に配置されているのは個人的には使いやすく、得点が高いです。

お手軽に買える製品ではありませんが、色や使い勝手はとても良いディスプレイですので、写真や映像製作などで「色」にこだわりたい方は、チェックしてみて下さい。

 

メーカーさんの製品公式ページはこちら

(Visited 5 times, 1 visits today)
Close

Error(Copyrighted Image)