<レビュー>cheero Power Plus 6000mAh nyanboard versionが登場&レビュー

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

この記事は、ティ・アール・エイ株式会社 cheero事業部様の提供でお送り致します。

また可愛いのが出たな…。

本日、cheeroさんより今週2回目となる新製品が登場したましたので、ご紹介とレビューを行なっていきます。
火曜日に続き、ダンボーがモチーフの製品です。

それがこちら。


今、NHKでアニメも放送されている「ニャンボー」です。

「世界一可愛い猫型モバイルバッテリー」こと「ニャンボーバッテリー」がcheeroさんより登場です!
早速、開封と詳細を見て行きましょう!


今回は、チャトラを開封していきます!

パッケージは、他のダンボー製品などと同じダンボール調になっています。

右側面が大きく開けられ、USBポートの仕様などが見れる様になっています。
店頭販売を考慮されているんでしょうか?

内容物は、本体、本体充電用MicroUSBケーブル、説明書です。

写真で見ると白い部分が青く見えますが、実物は綺麗な白です。

本体、右側面。端子やボタン類は全てこちらに配置されています。
出力はAuto-IC搭載で最大2.4A、入力は2Aとなっています。

本体下部にバッテリーの詳細などが印刷されています。

裏面は後頭部になっています。

耳のアップ。耳はシリコンで出来ています。しっかり固定されているので、外れそうな雰囲気はありません。
(無理に引っ張ると、千切れますのでご注意ください…。)

性能的には、iPhone SEを接続した時に4.91V/1.28A。

iPad Air 2を接続した場合には4.8V/1.81A出ています。

今までのダンボー製品にない可愛さです…⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

このニャンボーバッテリーの容量は6000mAh。

iPhone 7で約2回
iPhone SEで約2.5回

充電可能です。※使用環境によって若干変動します。

本体重量は実測値で135g。
重量、サイズ共に程よく収まっているので、カバンの中に入れておいても邪魔になりません。

過充電、過放電、短絡化、発熱時、デバイス充電完了時自動停止機能を搭載し、安全性に配慮された設計となっています。*本体素材や内部基盤に難燃性素材「94-V0」を採用しています。

iPhoneやスマートフォンの他、iPadなどのタブレット、Wi-Fiルータなど幅広いUSB充電対応製品をAuto-IC機能で最速で充電出来ます。MacBookも充電できました。※MacBook Pro 15は充電不可(13インチは低速)

本体充電時間は別売りの2A充電器を使用して約3時間30分。
保証期間は購入日より1年間。利用可能回数は約500回となっています。

※このバッテリーは手荷物に限り、飛行機内への持ち込みが可能です。


製品ラインアップは以下の通りです。

シロ、ミケ、クロ

キジトラ、ハチワレ、チャトラ

以上の全6種になります。
好みが分かれそうな気がしますが、お気に入りの子を見つけて、色々な所に連れて行ってあげて下さい!

猫派の私にはとっても嬉しい製品が、出てしまいました…。
初めて手に取った時から、可愛い…。としか言えてない自分がいますw

それに、今回は迷いに迷ってチャトラを選択しましたが、他の子もつい欲しくなってしまいます…。

は、破壊力が…。もう、ダンボーと猫が好きな人には最強の製品ですよ。これ。
後で、コソッと色々買おうと思っています。(←おいw)

基本的な性能にも、特にアレコレ言いたい部分は特にありません。
本当に強いて言うなら、10,000mAhクラスも欲しい。と言う、ハードユーザー視点くらいでしょうか。

発売は本日正午〜(2016年12月22日
Amazonでの直販価格は¥2,950となっています。

cheeroさんの公式ページはこちらより。

スペシャルページもオープンしています。是非合わせてご覧ください。

 

動画も公開されています。よければこちらも合わせてご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ