<レビュー>今更、ダンボーバッテリーPlateを買ってみた話。

みなさま、こんにちは。K,Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は、cheero Power Plus DANBOARD version -Plate- 4200mAhをレビューします。
この製品は、cheeroダンボーバッテリーシリーズ第4弾として登場した、小型バッテリーです。

それでは早速、開封とレビューを進めていきます!



パッケージ。同時発売のblockとほとんど同じです。

本体。リボルテックなダンボーのカラーが忠実に再現されています。

裏面には各種表記がありますが、これもデザインとして溶け込んでいます。

端子類は左から本体充電用MicroUSBポート、出力用USB-Aポート、バッテリー残量インジケータです。

薄型化?の為、出力ボタンは上に移動しました。

初代ダンボーバッテリー、Plate、新型ダンボーバッテリー。

初代、Plate、新型の比較。今買うなら、断然新型が良いかもしれません…。

先日購入したダンボーケーブルとの、組み合わせ。色合いが合って良い感じ。

出力は、iPhone6s接続時に4.85V/1.53A。と急速充電が出来る電圧です。

本体のUSBポートは2.1A出力ですので、タブレットも充電できますが50%程度の回復になると思います。
同時発売のBlockとの大きな違いは、容量の他にこの出力の差があります。(Blockは1A出力)




容量は4200mAhで、iPhone7を約2回、iPhoneSEで約2.5回充電することが可能です。
本体重量は105gと小型軽量です。本体充電時間は別売り1A充電器使用で約6時間となっています。

尚、赤い注意マークの紙の方に1A固定出力の充電器で充電するように記載されています。
iPhoneに付属している充電器などをご使用下さい。(2A充電器で充電しても問題ありませんでしたが自己責任で)

安全機能として、過充電時 、過放電時、ショート時、発熱時の自動停止機能に加え、デバイス充電完了時自動停止機能が搭載されています。※一部非対応機種有り

尚、このバッテリーの容量は4200mAh(15.5Wh)ですので、手荷物に限り飛行機内への持ち込みが可能です。

容量や性能的に、スマホを酷使されない方の日常使いにちょうど良い製品です。
お手軽なダンボーバッテリーが欲しい!と言う方は是非、検討してみて下さい。

cheeroさんの公式製品ページはこちらより。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ