ダサいiPad ProはAppleが衰退している証拠

みなさま、こんにちは。K,Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は9.7インチのiPadProについて思うことを書きます。
(あくまで個人的な意見です。)

iPadPro 9.7インチで評価できる事はたった1つだけ。
性能が上がった。

私自身、これ以外の事でiPadProについて良いと思うところはありません。

 

私が言いたいの事の1つ目。
カメラの突起をなんとかしろ。ダサい。

IMG_0077

なんだこれ…。
Apple Pencilが使えるのに、机に裸のまま置くとガタつきますよって…。

Apple pensil 02

絶対こんな快適には書けない。
ガタつきが気にならなくても、カメラのサファイヤガラスが傷つくとか、そんな事は考えたくないです。それに9.7インチでApple Pencilが使える意味がわからない。

もともとのiPadProは、画面が大きくてスタイラスが使いたくなる気持ちはわかりますが、9.7インチでスタイラスでお絵描きは無理でしょうよ。っと言うか、その為のiPadPro 12.9インチじゃなかったんですか?とか色々思います。

まぁ、スタイラスを否定した会社が、スタイラスを作るっていう時点で終わってますが。
cap00007




あと1つ。
スマートキーボードの必要性がわからない。
IMG_0075

っと言うか、近年やってる事が全てブレッブレですけど。

iPadPro 12.9インチでは、フルサイズキーボードが使えます。
Macbookですら、ベゼルを狭くしてまでフルサイズキーボードを搭載しました。
MacBook Airが初めて出た時、Jobsはフルサイズキーボードを強調しました。

なのに、なぜ9.7インチのiPadProでフルサイズキーボードを諦める。
っというか、なぜスマートコネクターを搭載したんだ。求めていたのは従来のiPad。
Apple Pencilもいらない。求めていたのはiPad Air2の進化系。

AirがあってProがあるなら、住み分けはギリギリできているかなぁと思っていましたが、AirがProに昇格したら、Proの優位性は失われるし、初代iPadから積み上げてきた本来のiPadの姿を失ってしまう。

いよいよAppleの迷走が再び始まりましたかね。
株価も大暴落してますし。沈みゆく帝国。まさしくこの言葉の通りになる日が来たのかも知れません。

っと言うか、Steve Jobsと言うたった1人の指導者を失っただけで、ここまで変わるとは。
1人がいなくなっただけで、ここまで変わった会社は世界でもAppleくらいだと思います。

過去の1回でそのことは証明されていますし。
今回も同じ道をたどるのかもしれませんし。

っと言う訳で、過去稀に見る酷評Blogでした。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ