みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は、2018年3月1日より販売が始まるcheeroの新製品「cheero Type-C to Type-C Cable 100cm」をレビューします。

本製品は、USB-Power Delivery(以下 USB-PD)に対応したType-C to Cケーブルとなっており、最大60Wまでの電力供給ができる他、最大5Gbpsでの高速データ転送にも対応しています。

今回も、cheeroさんより事前にご提供いただきましたので、開封とレビューをしていきます!

・開封&レビュー!

パッケージ

内容物は本体のみ(ケーブル長は100cm)

片側の先端にcheeroロゴが入れられています。

cheero製ケーブルとしてはお馴染み?のシマシマ柄。

・充電性能をチェック

本製品はUSB-PDに対応したケーブルで最大60Wまでの電流を流すことができ、転送に関してもUSB 3.0に準拠する仕様となっているため最大5Gbpsでのデータ転送が可能です。

MacBookと純正29W充電器に接続した場合、14.3V/1.9A(27W)
純正ケーブル並みの出力ができています。

もちろん、USB-PDに対応していないデバイスの充電も可能となっており、同時発売の「cheero USB-C PD Charger」を使えばcheero Power EliteなどをUSB-A ACアダプターで充電するよりも速く充電することができます。

・高耐久なType-C to Cケーブルならコレ!

現状、Type-Cを搭載、ましてやUSB-PD対応デバイスを持っている方は少数派ですが、持ってらっしゃる方の半分以上はハードユーザーかと思います。そして、既に何本かType-Cケーブルを断線させてしまったという方もいることかと思います。そんな方にこそ、本製品をオススメしたいな。と思っています。

本製品の皮膜には「高耐久ナイロン」が使用されており、1万5千回の折り曲げ試験と50Kg以上の引っ張り試験にクリアしています。緊急時に車でも引っ張らない限り、断線することがまずないケーブルとなっています。(そのシチュエーションあるの?)カバンの中に適当に投げ込んでおいても断線するようなことはありませんので、普段から持ち運ぶC to Cケーブルにはピッタリな製品となっています。

・まとめ

私、個人としてはMacBook 12インチが充電できるため、最大60Wまでの出力という仕様に問題はありませんが、MacBook Pro 15インチなどをお使いの方にはやや残念なケーブルに映っているかもしれません。また、ケーブル長が100cmということに関しても、私のように50cmも欲しかったと思う方もいらっしゃるかと思います。また、転送速度に関してもUSB3.1 Gen2が欲しかったという方もいらっしゃるかもしれません。

この辺りは、人それぞれ感じるところがあるとは思いますが、高耐久かつ品質の高いType-C to Cケーブルが低価格で買えるということを考えればこの仕様でも十分かと思います。

 

発売は本日正午〜(2018年3月1日)※正午までは在庫切れになっています。
Amazonでの直販価格は1本セットが¥980、2本セットが1,780。初回限定価格は¥780、¥1,290となっています。

USB-PDに対応したType-C to Cケーブルでは最安クラスとなっています。是非チェックしてみて下さい。

・cheero Type-C to Type-C Cable 100cm

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)