みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は、先日より販売が開始されたAnkerの新型モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD」をレビューします。
本製品は、最大18WのUSB-Power Delivery(以下 USB-PD)に対応した モバイルバッテリーながらも、iPhone XS Maxよりも軽量でコンパクトな作りが特徴の製品です。

それでは早速、レビューしていきます。
*本記事は写真中心の「フォトレビュー」、ガチ検証を含む「ガチレビュー」の2種類を用意しています。

フォトレビューガチレビュー
・開封&レビュー

パッケージ

内容物は、本体、充電用ケーブル、ポーチ、取り扱い説明書。

本体

出力端子はUSB-AとType-C

側面にインジケータと電源ボタンが配置

本体底面には仕様が記載されています。

iPhone SE接続時、5.07V/1.11Aを記録(USB-A)

iPhone 8接続時、8.93V/1.16A(10.3W)を記録(Type-C)

MacBook Air上では18W充電器として認識(Type-C)

・充電回数の目安

本製品が満充電の場合に、iPhoneやiPadなどの各デバイスを何回程度充電できるかは以下をご覧下さい。

iPhone XS   約3回
・iPhone XS Max   約2.5回
・iPhone 8   約4回
・iPhone SE   約4.5回
・iPad Pro 12.9   約0.8回
・iPad Pro 11   約1回
・iPad 9.7   約0.9回

大抵の場合、大型スマートフォンで2回以上、中型で3回以上、タブレットでは1回程度が充電可能回数の目安となります。

 

※その他の詳細などは、ガチレビューをご確認下さい。

・開封

パッケージ

内容物は、本体、充電用ケーブル、ポーチ、取り扱い説明書。

本体

出力端子はUSB-AとType-C

側面にインジケータと電源ボタンが配置

本体底面には仕様が記載されています。

・Type-Cポートをチェック

まずは、本体のType-Cポートをチェックします。
本製品のType-Cポートは、最大18WのUSB-PDに対応しています。

出力仕様は説明書などでは、5V/3A、9V/2A、15V/1.2A(最大18W)となっています。

これらの表記が実際の挙動と差異がないかを確認したところ、上記の通りのPDOを検出しました。

検出されたPower Data Objectは、仕様と表記内容が一致していました。また、USB-PDの規格に沿わない出力項目は一切確認されませんでした。これらに加え、Cold SocketやQuick ChargeなどUSB-PD以外の急速充電規格への反応などもみられず、規格に沿った設計がなされているといえます。

また、MacBook Air上で充電状況を確認したところ、以下の通りとなりました。

18W充電器として認識

なお、『充電中』の表記が「いいえ」となっていますが、実際は充電ができることを確認しています。
ただし、MacBook Air付属の充電器が30Wであり、その半分程度の出力しかない本製品で、ラップトップを充電するというのは役不足感が否めません。

・USB-Aポートを確認

USB-Aポートは、以下の充電規格に対応していることがわかりました。

この対応状況ですので、iOS・Androidデバイス共に1A以上での充電が可能です。
なお、Quick Chargeなどの急速充電規格への対応は確認されませんでした。

また、USB-A、Type-Cポートとも保護断が有効に動作することを確認しており、その誤差も0.3A以内であったことから、安全性も確保されているといえます。

・付属のC to Cケーブルをチェック

本製品に付属するUSB-C to Cケーブルを確認します。

確認の結果、USB 2.0ケーブルであることが判明し、この場合はeMarkerの実装は必須ではないため、規格に準拠した設計になっています。

・実効容量を確認

最後になりましたが、Anker PowerCore+ 19000 PDのモバイルバッテリーとしての性能を確認します。

クリックで拡大

5.0V/2Aの出力要求を本体のバッテリー残量がなくなるまで続けた結果、公称容量の10,000mAhに対し、実効容量が30.26Wh(8,178mAh)(-18.2%)と変換ロス値標準ラインの -20% を上回る結果となりました。

このことから、エネルギー効率にも優れた製品となっていることがわかります。

・出力関係のその他仕様について

本製品のその他の仕様として、「低電流モード」「合計最大出力 28W」というポイントは押さえておくべきだと考えています。

低電流モードは、昨今爆発的普及をみせているワイヤレスイヤホンや、小型ウェアラブル端末の充電に最適化されたモードとなっています。
本体にある電源ボタンを2回押す、または2秒間長押しすると本モードに移行し、通常の充電モードでは充電できない小型バッテリー搭載製品の充電に対応します。

合計最大出力 28Wについては、現時点ではかなり珍しい仕様だと感じています。

Amazonなどで、18W出対応のType-CポートとUSB-Aポートを搭載した製品を見ていると、大概の製品が「合計18W出力」。すなわち、Type-Cポート利用中はUSB-Aポートは利用できない、もしくはType-Cポートからの出力を5V/2A程度に落とすという仕様の製品ばかりです。

その様な製品が溢れる中、USB-AとType-Cポートが独立して機能し、片側のポートを利用中でも、もう片側のポートに影響を及ぼさない仕様は、かなり機能性に優れていると感じました。USB-PD製品の小型化、低発熱をを売りにする同社のアドバンテージが、わかりやすい形で証明された形となっています。

詳細な仕様については分解を実施していない為、言及は避けますが、本体下部の仕様を見る限り、2つのモバイルバッテリーが1つにまとめられた様な作りとなっており、それぞれの回路が独立し、最大28Wの出力を実現しているものと推測できます。

参考:本体下部の仕様に「電池容量 2×5000mAh」「定格容量 5000mAh 7.26V/36.3Wh」との記載がある。

・その他の機能について

本製品には、Ankerの独自技術「PowerIQ」が搭載されており、あらゆる端末を高速に充電することができると謳われています。

この機能は、スマートフォンを本体に接続した際にはスマートフォンに適した電流を流し、タブレットが接続された時にはタブレットに適した電流を流す。と言う動作を行う機能の名称で、接続先に合わせた最適な電流が流されるため、充電時間の短縮に繋がるというものです。

また、USBポートに必要以上の負荷がかかった時に作動する「サージ保護機能」と「ショート防止機能」を搭載しており、モバイルバッテリーに必要な安全機能も揃っています。

なお、本製品の容量は10,000mAh(36.3Wh)ですので、手荷物に限り航空機への持ち込みが可能です。

・総評

もはや、何も指摘するべき点がない完璧な製品と言っても過言ではないと思います。
規格通りの設計、理想的な設計の両方を持ち合わせており、使い勝手も抜群に良いと感じています。

というよりも、もはやこれを超える10,000mAhクラスのモバイルバッテリーは、記事執筆時点では世の中に存在しませんし、今後、年単位で同じ品質を満たす製品が登場するかも定かではないレベルの仕上がりです。

しかしながら、本製品にも多少の弱点はあり、18WというW数がネックになり充電できない製品(主にラップトップ)や、本体の充電に別売のUSB-PD対応充電器が必須になる点は、マイナスポイントと言えます。また、USB-PD充電器を利用しない場合の充電時間が9時間と、同容量製品の倍近くかかる点も個人的には引っかかります。

現時点では、使う人を選んでしまう可能性がある本製品ですが、充電規格の将来性を考慮すれば「今からでも十分アリ」な製品ですので、是非チェックしてみて下さい。

Error(Copyrighted Image)