本日、AppleがiWorks for Mac/iOSをアップデートしました。

このアップデートにより、Mac版は「Pages 8.0」、「Numbers 6.0」、「Keynote 9.0」となり、iOS版は「Pages 5.0」、「Numbers 5.0」、「Keynote 5.0」となりました。

本アップデートの変更点は、以下の通りです。

For Mac

Pages 8.0

・日本語、中国語、韓国語で、書類全体または個別のテキストボックスに縦書き入力できるようになりました。
・新しい目次表示で書類またはブック内を簡単に移動できます。
・iCloudを使って、カスタムシェイプとテンプレートをすべてのデバイスに自動的に同期できます。
・マスターページに配置ガイドを追加して、レイアウトに役立てることができます。
・書類での共同制作中のパフォーマンスが向上しました。
・共同制作中に目次を挿入したり、グループ化されたオブジェクトを編集したりできます。

Numbers 6.0

・日本語、中国語、韓国語で、シェイプやテキストボックス内の縦書き入力に対応しました。
・スマートカテゴリのパフォーマンスと使いやすさが向上します。
・カスタムシェイプやテンプレートを保存して、iCloudを使ってすべてのデバイスに自動的に同期できます。
・スプレッドシートでの共同制作中のパフォーマンスが向上しました。
・グループ化されたオブジェクトを共同制作中に編集できます。
・Excelファイルとカンマ区切り値ファイルの読み込み機能が改善されます。

Keynote 9.0

・日本語、中国語、韓国語で、シェイプやテキストボックス内の縦書き入力に対応しました。
・1つ以上のスライドを書き出して、アニメーションGIFを作成したり共有したりできます。
・iCloudを使って、カスタムシェイプとテーマをすべてのデバイスに自動的に同期できます。
・幅の広いカスタムの縦横比を使用したスライドがスライドナビゲータ、ライトテーブル、発表者ディスプレイで、よりきれいに表示されるようになりました。
・プレゼンテーションでの共同制作中のパフォーマンスが向上しました。
・グループ化されたオブジェクトを共同制作中に編集できます。

For iOS

Pages 5.0

・日本語、中国語、韓国語で、書類全体または個別のテキストボックスに縦書き入力できるようになりました。
・新しい目次表示で書類またはブック内を簡単に移動できます。
・iCloudを使って、カスタムシェイプとテンプレートをすべてのデバイスに自動的に同期できます。
・マスターページに配置ガイドを追加して、レイアウトに役立てることができます。
・書類での共同制作中のパフォーマンスが向上しました。
・共同制作中に目次を挿入したり、グループ化されたオブジェクトを編集したりできます。

Numbers 5.0

・日本語、中国語、韓国語で、シェイプやテキストボックス内の縦書き入力に対応しました。
・表の行と列の数およびサイズをフォーマットパネルで細かく変更できます。
・スマートカテゴリのパフォーマンスと使いやすさが向上します。
・カスタムシェイプを保存して、ほかのスプレッドシートで使用したり、iCloudを使って任意のデバイスからアクセスしたりできます。
・テンプレートを作成して、新規スプレッドシートのモデルとして使用したり、iCloudを使って任意のデバイスからアクセスしたりできます。
・最大ズームレベルが400%に拡大しました。
・Excelファイルとカンマ区切り値ファイルの読み込み機能が改善されます。
・イメージプレースホルダを作成して、スプレッドシートのフォーマットに影響を与えずにイメージを簡単に置き換えることができます。
・スプレッドシートでの共同制作中のパフォーマンスが向上しました。
・グループ化されたオブジェクトを共同制作中に編集できます。

Keynote 5.0

・日本語、中国語、韓国語で、シェイプやテキストボックス内の縦書き入力に対応しました。
・指またはApple Pencilでパスを描いて、オブジェクトがスライド内を移動するようにアニメートできます。
・アクションビルドのエフェクト(アニメーションの移動、回転、スケールなど)を使って、プレゼンテーションを際立たせることができます。
・1つ以上のスライドを書き出して、アニメーションGIFを作成したり共有したりできます。
・スライドショーのプレゼンテーション中またはリハーサル中に発表者ノートを編集できます。
・カスタムシェイプを保存して、ほかのプレゼンテーションで使用したり、iCloudを使って任意のデバイスからアクセスしたりできます。
・テーマを作成して、新規プレゼンテーションのモデルとして使用したり、iCloudを使って任意のデバイスからアクセスしたりできます。
・幅の広いカスタムの縦横比を使用したスライドがスライドナビゲータ、ライトテーブル、発表者ディスプレイで、よりきれいに表示されるようになりました。
・イメージプレースホルダを作成して、スライドのフォーマットに影響を与えずにイメージを簡単に置き換えることができます。
・プレゼンテーションでの共同制作中のパフォーマンスが向上しました。
・グループ化されたオブジェクトを共同制作中に編集できます。

なお、アップデートはMac版は『Mac App Store』>「アップデート」より、iOS版は「App Store」>「アップデート」より可能です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)