みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は、シンガポールで Apple Pay を利用して公共交通機関を利用する方法をご紹介します。

・はじめに

そもそも、シンガポールで Apple Pay を利用した公共交通機関の利用が可能になったこと自体を知らない方が多いと思います。

同国では、2019年4月より Mastercard contactless を公共交通機関の決済方法として導入し、これと同時に同機能を利用して決済を行う Apple Pay への対応がスタートしました。また、年内には Visa payWave への対応も行われる予定となっています。

なお、この決済が利用できるのは シンガポールの MRT 並びに路線バスとなっています。
(シンガポールツーリストパス  or Ez-Link カードが利用できることが条件)

・事前登録は必須

「Mastercard contactless に対応しているんだったら、改札に端末をかざすだけで便利じゃん!」
と思いがちですが、これは大きな落とし穴です。

シンガポールの公共交通機関で Apple Pay を利用する場合、事前の登録が必要となります。
これを行わなかった場合、改札は無反応ですので、必ず行うようにして下さい。

登録フォーム

なお、登録後はアプリやWebから利用状況やカードの追加などが可能となり、アプリでは路線図やチケット販売所の場所など、旅に便利な機能が実装されています。

TransitLink SimplyGo

TransitLink SimplyGo

Transit Link Pte Ltd無料

 

今回、利用テストで使用したカードは楽天カードです。同社のサイトでは Mastercard contactless への対応は謳われていませんが、アメリカなどの Apple Pay サービスが提供されている国であれば、Mastercard contactless 経由での支払いが利用できることを確認しています。

また、Apple Pay の利用にはインターネット接続が必要となりますので、必ずiPhoneがインターネットに接続できる状態にしておいて下さい。

※今回は Apple Pay が利用できるとして紹介をしましたが、Google Payでも同様の機能が利用できます。

・利用する

事前登録さえしてしまえば、あとは利用するだけです。

利用する際の注意点として、設定を変更しな場合、日本で Suica を利用して乗車する際のように、ただかざすだけでは改札は反応しません。
必ず、Apple Payを呼び出し(iPhoneはホーム/サイドボタン2回押し、Apple Watchはサイドボタン2回押し)てから、リーダーに触れて下さい。

呼び出し画面

カードのマークがあるリーダーに端末をかざせばOK。
画面には Bank Card Usage(銀行カードを使用)と表示される。

動画

なお、利用額は改札出場時に確認することもできますし、アプリから閲覧することもできます。

・エクスプレスカード設定も可能

先ほど、利用には Apple Pay の呼び出しが必要とご紹介しましたが、iPhone の『Watch』アプリ>「WalletとApple Pay」>「エクスプレスカード」で、Suica が利用できない場合の代替カードを指定することができます。

シンガポールでは、もちろん Suica が使えませんので、自動的に Mastercard contactless での決済が選択されるようになります。しかしながら、この設定を適用して利用してみると、リーダーに触れてから改札が開くまでの時間がやや低下する現象が発生しました。

・キャッシュレスは正義

今回、海外で初めて Apple Pay を利用した公共交通機関の利用を試しました。

これまで、海外で公共交通機関を利用する際は、現地の通貨を入手し、使い慣れない券売機で切符を買い、これも使い慣れない改札を使い乗車するという過程がありました。Apple Pay は、これらの煩わしさを解決するツールで、海外で電車移動のハードルを下げる、とても便利なものでした。

ただし、本サービスは NFC を利用した決済となるため、Suica(FeliCa)に慣れ親しんでいる日本人からすると、改札の動作はワンテンポ遅く感じました。

英語での事前登録が必要となりますが、それ以降は便利に公共交通機関を利用できますので、これらからシンガポールへ渡航される方は、利用してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)