ラップトップ必須アイテム!? Bose Companion 2をレビュー!

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は、割と久しぶりのデスク環境改善シリーズです。
1年近く続いていたこのシリーズですが、恐らく大きな変更は今回で最後だと思います。

最後と言い切る今回、購入した製品はBOSEのスピーカー。
私の中でスピーカーと言えば『BOSE』と言うイメージでしたので、BOSEをチョイスしました。

それでは、開封とレビューを行なって行きます!




パッケージ。想像していたよりもデカくて驚いています(汗)

箱を開けるとまた凄い梱包で本体が入っています。
内容物は本体、取扱説明書等、3.5mmオーディオプラグです。

本体。サイズの想像は出来ていましたが、実物を見るとやはりデカイ。
私の狭いデスクに乗るのか?と言う不安が出て来ます。

付属品に黒い箱もあり、その中には各国で使用できるプラグが入っていました。

勿論、私は日本国内に居ますので、Aタイプを使います。

右側スピーカー前面のアップ。音量調整つまみとイヤフォンジャックがあります。

裏面には電源やオーディオプラグのinポートが配置されています。

設置にそこそこ苦労して、こんな風に配置してみました。(スペース的にこれが限界)

引きで見るとこんな感じに。もはや何処ぞのクリエイターなんだ!ってレベルです。





肝心の音質ですが、良いとしか言えません(^^;)
元々、MacBook Proの内蔵スピーカーを使っていたので、雲泥の差と言いますか…。

同じ曲を聴いてもこんなにも違うんだ!と思います。
どの音域も綺麗に出ていますし、音の厚みもMBPのスピーカーとは比べ物にならないレベルです。

参考になるかは怪しいですが、比較動画を作成しましたので良ければ聴き比べてみて下さい。

余談ですが、このスピーカーを買う時にもう1機種迷ったものがありまして。
それが、Amazonで常時ベストセラー1位のロジクールのZ120BW。(そもそも価格の桁が1つ違うw)

Amazonのレビューを見ても良い感じで迷いに迷ったのですが、どうせ買うなら妥協したくない!と言う性格なので、思い切ってCompanion 2にしました。結果的にこっちで良かった!と思っています。

デスクが完成形になり、これからより一層快適なコンピューティングライフを送れそうです⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ