Written by 11:30 AM ACアダプタ, Anker, コモノたち

[レビュー]Anker 511 Charger (Nano Pro) をチェック iPhone 13 や iPad と一緒に使いたい充電器

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe です。

本誌読者のみなさまは、先日発表された iPhone 13 シリーズは既に購入されましたでしょうか?「毎年の恒例行事」「今年はちょっと…」「新色良いよね」など、意見は様々だと思います。ちなみに、筆者は今年も見送りを決め込んだクチです。そんな iPhone 13 シリーズですが、今年は Pro モデルに新色「シエラブルー」が追加されました。iPhone 12 Pro のパシフィックブルーをより鮮やかにした仕上がりで、惹かれた方も多いのではないでしょうか。

今回は、iPhone 13 Pro に似合うブルーの充電器「Anker 511 Charger (Nano Pro)」が Anker より発売されましたのでレビューします。本製品は Apple デバイスを高速充電することができる最大20W出力の USB-PD 充電器です。

・開封

パッケージ

内容物は、本体、取扱説明書*2

本体

プラグは折り畳めない

USB-C 端子

先代の Anker PowerPort III Nano との比較

・出力仕様

本製品は最大20Wの出力が可能な USB-PD 充電器と案内されています。

しかし、厳密にいうと出力仕様は5V=3A(15W)9V=2.22A(19.98W)ですので、20Wには届いていません。

実際の製品の出力も20Wには届いていない

この仕様は、市場に溢れる20W充電器の多くが踏襲しており、言い出しっぺの Apple の仕様に倣ったものとなります。厳密には20Wではないため、景品表示法の優良誤認にあたるのでは?と思われるかもしれませんが、この認定には「著しく異なる」必要性があるため、0.02W程度では問題にはならないと推測されます。(要判例)

いつも通りな仕様

本製品がサポートする急速充電規格の確認を行なったところ、USB-PD 以外にも Apple 2.4A、Samsung 2A、Quick Charge 2.0/3.0、USB-BC に対応しています。この仕様は、USB-PD 以外の急速充電への対応を禁止するガイドラインからは外れるものですが、安全性には影響のない形で実装されています。

続いて、想定以上の電圧を要求された際に動作する過電流保護機能をチェック。

9V

5V

9V、5V共に、仕様に記載されている値より少し超える程度で過電流保護機能が動作していることを確認できました。

・実際に使ってみる

本製品を使用し、iPhone 12 と iPad 6 を充電してみました。

iPhone  8.93V/1.28A(11.4W)

iPad  4.87V/2.48A(12W)

計測の結果、iPhone では USB-PD を利用した高速充電、iPad では Apple 2.4A を使った急速充電を行えていることを確認できました。

・使用感

本製品を使用してみて一番最初に気になったのは、「発熱少なくない?」という点です。

本製品の商品説明に「新開発の ActiveShield️ が継続的な温度管理機能と〜」という記載があります。これについて、「まーた、よーわからん機能を付けて」と思っていましたが、前モデルの Anker PowerPort III Nano 20Wと比較して USB-PD 出力時の発熱が減少しているように感じました。

具体的な温度測定は行っていないものの、触っただけで明らかに Anker 511 Charger (Nano Pro) の方が温度が低いことがわかります。(iPhone の充電残量20%台で比較)

これ以外は前モデルから大きく変わったポイントはなく、発熱が気にならない場合は本製品に買い替える必要は薄いように思います。

・余談

せっかくなら、iPhone 13 Pro のシエラブルーや iPad Air のスカイブルーとの組み合わせで使いたい!と思い、本製品の購入を検討されている方もいらっしゃると思います。そんな方は、合わせて同社の Lightning ケーブルも一緒に購入を検討してはいかがでしょうか?

(近日発売予定)

同社の Anker PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル には、ブルーも用意されており、本製品と iPhone や iPad を繋ぐケーブルとしては最適だと思います。

・総評

iPhone や iPad の充電器(ACアダプタ)の傑作。本製品はそういえる製品だと思います。

前モデルから発熱が目に見えて減少していること、iPhone に同梱されていた5W充電器と変わらないサイズであることなど、多くの人が満足できる基本性能を持っていると思います。新たに USB-PD 充電器の購入を検討している方は、本製品もチェックしてみてはいかがでしょうか。

(Visited 383 times, 3 visits today)
Close

Error(Copyrighted Image)