今度はMicroUSB to Type-C変換ケーブル またも100円ショップSeriaのType-Cアクセサリーをレビュー

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回、レビューするのは100円ショップSeriaのMicroUSB to Type-C変換ケーブルです。
前回レビューしたType-Cケーブルに続き、SeriaのType-Cアクセサリー第2弾として?登場した様です。

またもゲテモノ臭がしますが、前回の成績を考えると規格には合致している製品だと思います。
早速、開封と簡単なチェックをしていきます!




パッケージ。ケーブルの時と似たパッケージになっています。

内容物はケーブルのみです。

MicroUSB inポート

Type-C

今回は、cheero製のMicroUSBケーブルを使用しテストしていきます。

MicroUSBケーブルと変換ケーブルの結合部分。
cheeroのケーブルの場合、隙間が空きましたがそれ以外のケーブルには隙間が空かないものなどもありました。

Zenfone3に接続し電圧をチェックすると、4.67V/1.12A出ています。
以前のType-Cケーブルが4.83V/0.88Aだったことを考えると少し上がっていますが、この辺りは誤差の範囲かと。

同じくZenfone3でこのケーブルを使用してSDカードを読めるかのテストも行いました。
パッケージに転送関連の記載がなかったので、一応チェックしましたが転送はNGでした。

今回レビューした変換ケーブルと以前レビューしたType-Cケーブル。





触ったり軽いチェックをして、正直「普通に使える。」と言うのが私が持った感想です。
100円でこのレベルの製品が購入できるとは正直驚きです。

前回のType-Cケーブルよりケーブルの太さが若干増し、程よい硬さが出て頼りなさが消えています。

製品的にはコネクタ型製品の方がコンパクトで良いですが、100円ならケーブルタイプでも良いか。と思えます。

 

※今回、ぷるど.netでは詳細な製品試験は行なっておりません。
当該製品の購入・利用につきましては自己責任でお願い致します。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ