iPhone6sがやって来た!Part 02

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回お届けするのは、前回の新しいiPhoneを買ったと言うお話の続きです。
なぜ買ったかや詳細については以前の記事をご覧ください。

今回は、以下の順に紹介していきます。

・起動・機能紹介編

・iPhone6sを買うにあたって購入した製品の紹介




それでは起動していきます。

img_2641

まず、起動する前にSIMカードを入れます。このSIMについては最終回に。

img_2651

ちなみに、SIMカードスロットは右側面にあります。あとは電源を入れて手順に従うだけです。

fullsizeoutput_a75

iPhone6sから搭載された3Dタッチ。ショートカットが出来て便利ですね。

fullsizeoutput_a76

Wi-Fiアンテナの性能や

fullsizeoutput_a73

Geek Bench 4の性能を見る限りiPhone SEと全く変わらないですね。

と言うよりも、Geek Benchの結果を見る限り、iPhone SEよりも性能的には低いですね。
両者ともA9チップのクロック周波数が同じなのに対し、SEの画面サイズが小さいからなんですが。

参考程度にiPhone6と比較してみましたが…。

img_2649

左が6で右が6sです。一見どちらも同じに見えますね…(汗)(去年ゴールドを買ってて良かった)

唯一6sだとわかる部分と言えば…

img_2650

iPhoneの刻印の下に『S』の文字が。
SEの時もそうでしたが、ケースをしてしまえばどの機種か判別出来ませんね。

実は、カメラ性能の比較も行なってはみたんですが…。
対して差が出ないと言うか…。相当性能は向上してるはずなんですが、拡大をかけないとその差をお届けするのは難しいレベルです。(サーバ上にUPしてしまうと、圧縮がかかり差が出なかったので比較はナシです)


次に今回のiPhone6sを買うにあたって購入した、アクセサリーをご紹介します。

fullsizeoutput_a7b

左から、ガラスフィルム、磁気干渉防止シート、アクティベーションSIMです。

img_2638

まずはガラスフィルムから。

img_2644

貼り付けてみたところ、エッジの加工が非常に綺麗で安い割にはとっても良い製品です。

img_2643

上面の穴あけ加工も完璧。

img_2639

下から見てもエッジにフィルムの角が立ちません。

Amazonで¥1,000ちょっとのガラスフィルムですが、とても精度が良くiPhone6シリーズのエッジにうまく馴染むので、とってもオススメです。以前のiPhone6もこれに張り替えたいくらいです。iPhone6/6sのフィルムを探している方は是非!

img_2646

次は磁気干渉防止シート。SuicaなどのICカードをiPhoneケースに入れる方には大切な製品です。

img_2647

一見昆布に見えますがw  ICカードの裏に重ねてケースに入れます。

まぁ、Apple Payが日本で始まった今、需要が減ってしまうそうな製品ですが(笑)
私はあと1年はiPhone6sで行くので、Apple Payの体験はまだまだ先となりそうです。

磁気干渉防止シートを買ったと言うことは…

img_2653

当たり前ですが、iPhone6に引き続きRAKUNIのiPhoneケースに入れて使います!
(磁気干渉防止シートを早く買えば良かったと思っているのは大声では言えませんw)

あっ。アクティベーションSIMのお話は今回書くと、長くなるので次回に書きますね。
と言う訳で、またまた次回に続く様です。

Part 03(最終回)はこちらから!

RAKUNIのiPhoneケースの詳細はこちらから
今回紹介した商品の詳細は以下よりご覧下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ