MacBookの必需品!?Type-C to HDMI,USB3.0アダプタをレビュー!

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は、MacBook Early2016がやって来た!Part 01の続きとしてご覧下さい。
形式上は今回をPart 02と致します。

前回、MacBookを購入して一通り開封しました。
そして、これからバリバリ使って行きたい!ところなんですが…。

MacBookや新型MacBook Proにはある問題がありまして。
それが端子の問題。

従来のUSBやHDMIなどの、裏表がある端子をAppleさんは消し去ってしまいました。
そこで従来の裏表のある端子を使おうとした時に、変換アダプタが必要になってしまいます。

ですが、その変換アダプタも期間限定で値下げされてるとは言え純正は¥5,200もします。
純正でも良いかな?と思っていましたが、密林を覗くとお安い互換品がありました。

今回はそれをレビューして行きます。




fullsizeoutput_ac1

パッケージ。段ボールですが、安いのでそんなの気にしない。

fullsizeoutput_ac2

内容物は本体のみ。この類は説明書は要らないですよね。

fullsizeoutput_ac3

そして本体。価格相応と言った感じ。

fullsizeoutput_ac4

端子の部分を見ると仕上げが雑ですね。安いので良いですが。

img_2750

HDMI出力も問題なし。

fullsizeoutput_ac6

次は充電テスト。

img_2754

無事に充電できています。

fullsizeoutput_ac7MacBook付属の29Wの充電器との間に挟んだ場合、本体への給電量は24Wになります。

fullsizeoutput_ac5

ちなみに、iPhoneをUSB3.0ポートに接続した場合、通常通り充電できます。
(端末の充電量が80%を超えていた為、出力が落ちています)

img_2751

お次にUSBメモリのテスト。

fullsizeoutput_ac8

無事に使えました。しかしUSBメモリ本体の性能が低い…。




Amazonで¥2,600程度と純正の半額以下の価格ですが、使用上の問題になるような部分はありませんでした。
もちろん、耐久性やOS関連の部分など、時間が経たないと分からない問題もありますので今後も同じ感想かはわかりませんが。

その辺りを除いた現時点での感想は、安くて良い製品だと思いました。
作りが雑だと言う話もありますが、使用上に問題はありませんし。

気になる方は、純正を購入して下さいね。

Part 03はこちらから!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ