MacBook 2017のCPUにCore i5/i7が来て、大幅にスペックが上がったと言って盛り上がっている人へ向けた鎮静剤

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

先日、Appleが開催したWWDC2017。
各プラットフォーム向けの次期OSや、沢山の製品が発表されました。

その中で私が気になっていることがあります。
それは「MacBookシリーズのCPUにCore i5/i7が搭載可能になった」と言って騒ぎ立てている人。


え?Core i7って凄いじゃん。
まぁ、確かにそうですが、このCore i5/i7は相当な曰く付きCPUなんです。

今回のMacBookのリニューアルはCPUの更新とRAMの倍増が注目ポイントです。

RAMが倍増になったことに関しては、そのまま「凄い!」で良いかと思います。
ですが、CPUに関してはそう言う訳にはいきません。

何故なら、今回搭載されたCore i5/i7は、第7世代 Intel Processor(Kaby Lake)ファミリーのYシリーズと言うものです。この「Yシリーズ」。MacBook 2016に搭載されている第6世代 Intel Processor(Sky Lake)での名称は『Core m5/m7』となっていました。

要するに、IntelがCPUのアップグレードを発表した時に「Core m5/m7」と言う名称をマーケティング的な要因で「Core i5/i7」に変更した。そうすると、Appleを含む各社から登場するKaby Lake搭載のコンピュータの性能が飛躍的にUPした。と思い込ますことが出来るワケです。

このマーケティング。Intelもなかなか上手いことやったな。と思っています。
何故ならば、大手メディアも割とこのトラップに見事にハマっています。

新型MacBookはCore i5/i7や16GB RAMが選択可能に!Airも超マイナーアップデートしました
http://www.gizmodo.jp/2017/06/macbook-core-i5-i7-16gb-ram.html

ココまでの大手メディアを騙せるIntelは凄い。
と言うより、なんでこの程度のことも知らない人間がGiz〇〇doで記事が書けるんだ。とか思う訳です。

iGPUが入ってはいるし、CPU自体の性能もUPしていることは確かなので、性能が上がっていることに間違いはないですが「大きなジャンプアップとなるでしょう。」は言い過ぎです。

その他の媒体でもMacBook 2016と第7世代 Intel Processor Yシリーズを搭載したコンピュータを比較している記事が沢山ありますが、「この機種がCore i7を搭載できるなら、MacBookもCore i7になることを期待!」と、どこもこんなトーンで足並みが揃えられています。

世代変更で名称が変わった「だけ」なのにね。




別に、他媒体を叩く目的で作成した訳ではありませんが、あまりにも腑に落ちなかったので書いてみました。

MacBook 2017を購入する方は「CPUのネーミングが変わっただけで、単純にCore mがCore iに変更された訳ではない」と言うことは忘れないで下さいね。

 

MacBook -Apple

Via: ASCII,Gizmodo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ