cheeroの10000mAh越えバッテリーを完全比較!2017年2月最新版

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

本日は、cheeroさんのモバイルバッテリー比較の第3弾です。
これまで、Power Plus 3ファミリーの比較を中心に行って来ましたが、今回は枠を大きく広げて「cheeroさんから発売されている10000mAh以上のバッテリー」を対象に比較します。

今回、比較に使う製品は以下の6種類です。

・cheero Power Plus 3 Premium 20100mAh

・cheero Power Plus 3 13400mAh

・cheero Power Plus 3 13400mAh DANBOARD version

・cheero Power Plus 3 10050mAh

・cheero Power Plus DANBOARD version/Flowers

・cheero INGRESS POWER CUBE 12000mAh

(2017/02/18現在、Amazonでcheero直販で販売されているもの)




まずは、表で全モバイルバッテリーの性能などをまとめます。

(クリック or タップで拡大)

人によりライフスタイルや、使用頻度が異なるので一概には言えませんが、基本的には気に入ったデザインのものを購入すれば良いかと思います。

ですが20100mAhのPremiumは、私自身も旅行時などにしか持ち歩いていませんし、普段使いには向かない重量です。MacBook等のType-Cから充電できるコンピュータで使用する場合はこれが無難ですが。

その他で言うと、Ingress Power Cubeは本体充電速度が遅く、内臓セル(本体に内臓されているバッテリー)のメーカーがPanasonicなのか、LGなのか不明な状態になっています。ですので、エージェント以外の方がご購入されるには、価格的にも見合わないかもしれません。

性能的にはIngress Power CubeとPower Plus 3 13400mAh以外は、ほぼ同等と言って良いと思います。
細かな部分での差異はありますが、普段使いにそこまで影響が出るとは考えにくいレベルです。
※10050mAhのダンボーバッテリーのoriginal/Flowersはカラーの違いのみです。

Ingress Power Cube、PP3 13400mAhはAUTO-IC非対応ですので、気にされる方はその他の4種類をチョイスされると良いと思います。(AUTO-ICとは何か?と言うお話はこちら

私は個人的な好みで、13400mAhのダンボーバッテリーを基本的に持ち歩いています。
(MacBookを半分くらいは充電できるし、性能、重量共に一番扱いやすい)

以下、今回ご紹介したバッテリーの画像です。

cheero Power Plus 3 Premium 20100mAh

cheero Power Plus 3 13400mAh

cheero Power Plus 3 10050mAh

cheero Power Plus 3 13400mAh DANBOARD version

cheero Power Plus DANBOARD version Flowers

cheero INGRESS POWER CUBE 12000mAh

端子類。20100mAhのみUSB-Aが3ポートあります。

今回、比較した製品のサイズ感。INGRESS POWER CUBEだけがやたらデカイです。





ざっくりとした比較ですが、大体の雰囲気的な違いだけでも伝わっていれば良いかな。と思っています。

シンプルなものが良い方はPower Plus 3ファミリー。可愛いものが良い方はダンボー。
私が人に勧める時はそんな風に言っています。

 

ぷるど.netでは今回ご紹介した製品のレビューを行っております。
各バッテリーの詳細などは、各レビュー記事をご覧下さい。

cheero Power Plus 3 Premium 20100mAh

cheero Power Plus 3 13400mAh

cheero Power Plus 3 13400mAh DANBOARD version

cheero Power Plus 3 10050mAh

cheero Power Plus DANBOARD version/Flowers

cheero INGRESS POWER CUBE 12000mAh

 

cheeroさんの公式ページはこちら。(TOP)

保存保存

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ