みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

この記事はティ・アール・エイ株式会社 cheero事業部様の提供でお送りいたします。

今回は、cheeroさんの新製品「cheero Type-C USB Cable 100cm Extra strong nylon braided」をご紹介します。

後々、触れますが、大昔に出ていたcheero製Type-Cケーブルの新モデルという位置付けの製品となっています。
(初代を無骨なデザインにして、オシャレなデザインにしていくのがcheeroさんの伝統芸)

それでは開封とレビューをしていきます!

パッケージ

内容物は本体のみ

Type-C端子側

USB-A端子側。両側共アルミハウジングとなっています。

ケーブルの材質は強度、耐久性に優れた高耐久ナイロン素材。

公式情報によると『10000回以上の折り曲げ試験』と『50kg以上の引っ張り強度試験』に合格しているとのこと。

そう言われて、「へー。」で流さないのが、ぷるど.net(というか私)です。
流石に、1万回折り曲げるのは腱鞘炎が悪化するので避けますが、後者のマネはできそうなので試してみます。

普段、私が持ち運んでいる装備を入れたカバン(約5Kg)を吊ってみる。

さすがに、公称値の10分の1の5Kgではビクともしませんでしたが、普通のケーブルだと5Kgでもダメージが出てもおかしくないですので、耐久性は高いと言えそうです。

※本来の引っ張り試験とは全く異なる方法で耐久性をテストしています。また、故障の原因にもなりかねますので、読者のみなさまはくれぐれも試さないようにお願いします。

 

次に、充電テスト。

Zenfone 3接続時に、4.85V/1.47Aと急速充電ができています。

MacBook接続時には、4.74V/2.22A(約10W)の出力を確認できました。

MacBook側でも充電表示が出て、こちらでは12Wで認識されていました。

(本題からはやや話が逸れますが)Type-Cケーブルとモバイルバッテリーがあれば、MacBookなどType-C採用のコンピュータを充電できるので、改めてType-Cって偉大だなぁ。と思います。

最後は転送速度のテスト。
速度測定に使用したのは、USB3.1 Gen1対応のHDD

本ケーブルでの結果は以上の通り。

5400rpmのHDDでテストを行なっていますので、この程度が限界値かと思われます。

 

冒頭でも触れましたが、今回リリースされたType-Cケーブル。
実は、このケーブルのリメイクだったりします。

とは言え、全てが同じ。と言う訳ではなく、両側の端子部分のサイズがやや小さくなっています。

USB-A端子側

Type-C端子側

ちなみに、端子のアルミのカラーはシルバーと言うよりも、Appleで言うところのスペースグレイに近い仕上げとなっています。ケーブルのカラーも黒ですし、MacBook/Proのスペースグレイモデルにはぴったりだと思います。

Type-Cが普及するにつれ、粗悪な製品が増えて来ていますが、本製品は安心の56kΩレジスタ搭載。
(そろそろUSB-IF認証を取得した製品やMade for Google対応製品が欲しいところ)

スマートフォン、MacBookの他にもNintendo Switchなども充電できるとのこと。(USB-PD非対応)
ケーブル長は、普段使いにちょうど良い100cmとなっています。

個人的にはデザインと耐久性のバランスが程よく、ケーブルも程よい硬さで使いやすいので、普段使いのケーブルとしてMacBookやZenfone 3の充電に使ってます。(前のヤツは無骨だったし)

耐久性が高いType-Cケーブルが欲しかった!という方は是非チェックしてみて下さい。

 

発売は本日正午〜(2017年10月11日)※正午までは在庫切れになっています。
Amazonでの直販価格は¥990。初回限定価格は¥790となっています。

出品者がcheero martになっている事も合わせてご確認下さい。
尚、Amazon Prime会員以外の方で¥2,000未満のお買い物の場合は別途送料が発生します。

 

cheeroさんの公式ページはこちらより。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ

Error(Copyrighted Image)