みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は、Amazonで販売中の中型ドローン「GoolRC T100」をレビューします。
本製品は、片手で操作できる珍しいドローンとなっており、ワンキーで上昇、下降、コントローラーを傾けるだけで前進、後進、旋回、宙返りなどの操縦ができ、6軸ジャイロ飛行制御システムで安定した飛行ができるのことが特徴の製品となっています。

今回は販売元のGoolRC様より製品提供をいただきましたので、開封とレビューをしていきます!

・開封!

パッケージ

内容物は本体、コントローラー、予備プロペラ、充電器、電池交換用ドライバーなど。

本体

本体裏面。バッテリーは中央部に配置されています。

コントローラー

・飛行性能は標準的

本機には6軸ジャイロや飛行速度調整機能などが搭載されており、初心者の方でもかなり操縦がしやすい製品になっています。また、高度維持機能もあるため、ホバリングは同機能を搭載していない機種と比較すると、かなり安定しているように思います。

さらに、360度宙返り機能も搭載しており飛行中に宙返りを行うことができますが、何度も見ているうちに見慣れてくるので、本機能を楽しめるのは最初の1回2回かと思います。

また、私は検証していません(航空法や条例的に面倒なので)が、下記の動画を見る限り野外での飛行もかなり安定していることが伺えます。

・総評

しばらく使用してみての感想ですが、飛行性能や本体の完成度については申し分ない出来だと思います。

また、本機種のコントローラーは従来の「ジョイスティック型」とは異なり、コントローラー自体を飛行方向へ傾けるだけで操縦でき、高度維持機能やワンボタンで離発着ができる機能などもあるため、初心者の方でもかなり操縦しやすい機体に分類できるのではないかと思います。

その反面、本機種をハイエンド機に入る前の練習用ドローンとして購入することはオススメできません。ハイエンド機の多くは、コントローラーを傾けるだけで操縦できるといった簡単な操縦方法ではなく、「ジョイスティック型」と呼ばれるコントローラーが採用されています。そのため、本機種に付属しているコントローラーではジョイスティック型コントローラーの使用方法を練習することはできません。ですので、ステップアップ用途でトイドローンを探しているという方は他機種を当たられることをオススメします。

なお、本機種に限らずですが、自治体によっては条例で200g未満のドローンの野外飛行を禁止している市町村もあります。野外で使用する場合は、必ずお住いの自治体が飛行に関する条例を制定していないかや、飛行予定場所が航空法で飛行が禁止されている場所に該当していないかなどを確認の上、飛行させるようにして下さい。

最後に注意事項などを書いてしまったため、総評としてはやや不完全な感じもありますが、「ドローンを手軽に飛ばしてみたい!」という方にはピッタリの製品となっていますので、気になった方は是非チェックしてみてください。

 

なお、販売元のGoolRC様より2018年4月30日までの期間限定で、Amazonストアにて本製品が表示価格から40% OFFとなるクーポンも提供して頂きました。購入時にクーポンコード「87M2WS9S」を専用フォームに入力すると適用されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

What's your reaction?

コメントをどうぞ