みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe です。

突然ですが、Thunderbolt は使用されていますか?本誌の読者層を考えれば、「なければ生きていけない!」という方もいらっしゃるかと思いますが、意外にも「Thunderbolt として」使用されている方は、まだまだ少ないのではないでしょうか。

事実、筆者も Thunderbolt 3 から SSD だけで使い始めたクチで、思い返せば Mini DisplayPort として、USB-C ポートとして使っている期間の方が長かったりします。

今回は、CalDigit より販売されている TS4 Thunderbolt Station 4 をレビューします。本製品は多種多様な18の端子が1つとなった Thunderbolt 4 ハブです。

・開封

パッケージ

内容物は本体、Thunderbolt 4 ケーブル、電源アダプタ

前面

背面

底面

本体のポート一覧(クリックで拡大)

・使用感

筆者は本製品を Mac mini 2018 に、周辺機器は主に EIZO 2450 1台と Zoom UAC-2 に接続して使用しています。

周辺機器は多い方?

そのため、背面の USB-A*2、USB-C 3.2、DisplayPort(将来的にはEthernetも)は常に埋まった状態で使用しています。通常使用の状態でも背面ポートに余裕がある上、前面は SDカードや iPhone などの一時的に接続するデバイスに割けるため、通常時は見た目もシンプルになります。

しかし、使ってみて「イマイチかも」と思ったのは、Thunderbolt 4 ポートが背面にしかない点です。Thunderbolt 3 SSD を接続するときに、わざわざ背面にケーブルを接続しなければ、性能を十分に発揮できません。

そのため、常に背面に Thunderbolt ケーブルを挿しっぱなしにして前面に出しておくか、逐一背面にアクセスしなければならないという手間が発生するため、前面にも Thunderbolt 4 ポートが欲しいところです。

・安定性はイマイチ

本製品には、重大なバグが存在したままの状態であり、使用するにもストレスが溜まります

具体的には M1 Mac でシステムがクラッシュする、スリープ復帰時に Ethernet ポートが動作しないなどの不具合です。

これらの不具合は、メーカーがファームウェアアップデートでの解決を準備しているとアナウンスされていますが、かれこれ半年以上、延期を含めて待たされている上に、最近はリリースの音すら全く聞こえてこない状態です。

はっきり言って、システムがクラッシュするというのは「クソ面倒」な事態であり、「スリープをしないように設定して問題を回避してね」というメーカーの一時的な対処方法も、macOS の機能を制限するものであり、不便極まりないものです。

また、Ethernet のバグも「地味だけどかなり不快」なものであり、かなりイラッとさせられます。

これらの不具合は Apple Silicon Mac で発生すると案内されていますが、筆者の Mac mini 2018(Intel Core i7)でも全く同じ問題が発生しており、Intel Mac でも影響を受けると考えた方が良いと思います。

とはいえ、Thunderbolt 4 ハブのファームウェアアップデートを提供することを約束できるメーカーは珍しく、Belkin や Anker といった大手メーカーでも問題を放置することがあります。

ですので、問題をアップデートで解決することを確約している点に関しては信頼できる部分ではあります。

・購入するに至った理由

筆者は本製品をはじめから購入しようと考えていた訳ではありません。

当初は、SONY α6500 で撮影したデータをより早く Mac に取り込みたい。というか、Lightroom での読み込み&表示が遅いから改善したい。という理由で、ProGrade Digital の SD カードリーダーを購入しようと思っていました。

クリエイター界隈では有名な?カードリーダー

しかし、ProGrade は ProGrade で1万円を超える金額であり、「SDカードリーダーとしては高いよなぁ」と感じていました。(もっとも、α6500 に UHS-Ⅱはいらないだろ。という話はありますが、最強が好きなので)

さらに、使用していた USB ハブは USB-A(3.0)が8つという、いかにも数年前に流行ったマルチポートハブを使用していました。購入から数年は便利に使用していたこのハブも、USB-C への移行や使用機材の変化などで使い勝手が悪くなっていました。

実際、iPhone や iPad のバックアップのためにだけ USB-A – Lightning ケーブルをデスクに置いておく必要があり、充電は USB-C – Lightning に完全移行している人間からすると、この「ケーブル1本だけ違う」状況はかなりのストレスでした。

それに加え、「USB-C で iPhone や iPad を接続するなら、どうせなら20Wの高速充電もできた方が良いよね」という欲望も出現し、「高いけど、それだけの価値はあるかな?」と思い本製品を導入しました。

・各種仕様をチェック

本製品には、前面、背面の2箇所に USB-PD 対応の USB-C ポートがあります。

背面は96Wの電力供給が可能となっており、前面は最大20Wの電力供給が可能となっています。しかし、メーカーからはこれ以上の具体的な情報が提供されていないため、USB-PD の仕様に関しても調査しました。

ただし、背面の96Wに関してはデータ通信を主としており、このポートに Mac を接続しなければ TB4 自体が動作しません。そのため、背面ポートを詳細にチェックすることはできないため、前面の USB-C ポートのみの結果の掲載となります。

確認したところ、前面の20W USB-C ポートに問題はなく、通常の USB-C 充電器と同じような安全機能もあることが確認できました。

・使用感

ファームウェアに不具合が残っているものの、完全に使用できないというわけではありません。

そのため、筆者も騙し騙し使用していますが、バグがあることを除けば概ね満足できる仕上がりです。特に高速な SDカードの読み込み速度と20W 充電ができる USB-C ポートは、使わない日がないといえるくらい多用しています。

HDMI を使用する場合は別途変換アダプタが必須

しかし、先述したThunderbolt ポートが前面にない点と HDMI ポートがない点に関しては「不便だな」と感じる部分です。

もっとも、デイジーチェーンで別のハブを接続すれば良い、USB-C/Thunderbolt の映像出力機能を使えばい良い。と言われてしまえば、「それまで」ではありますが。

とはいえ、本製品を使い始めたことにより、従来までは面倒だった使用デバイスの切り替え(Mac mini と MacBook Air 間のディスプレイとその周辺機器の付け替え作業)が、ケーブル1本を差し替えるだけで完了するため、細かい不満点も「仕方がないか」と思えます。

・総評

ファームウェアのアップデートを早急に。

本製品を使用していて感じることはこれにつきます。元の性能や仕様に関して大きな不満を感じることはない仕上がりとなっており、Thunderbolt 4 の規格が現役である限り、便利に使用できるものだと思います。

しかし、ファームウェアが原因の不具合に関しては、不便かつストレスの原因であり、作業効率と満足度の大幅な低下に繋がっています。

そのため、現在使用中のハブで大きな問題を感じないのであれば、不具合が解消されるまでは買わなくても良いのではないかと思います。

Error(Copyrighted Image)