Bluetoothイヤフォン SoundPEATS Q12をレビュー

みなさま、こんにちは。Kazuto Tanabe(@WWDC1999)です。

今回は、Amazonでベストセラー1位のBluetoothイヤフォン「SoundPEATS Q12」をレビューします。
先に言っておきますが、Sound Beats(サウンドビーツ)ではなくSoundPEATS(サウンドピーツ)です。

お間違えのない様にお願いします。
それでは早速、開封とレビューを進めていきます!




パッケージ。ブラックでまとめられ高級感があります。

箱の中に直接、本体、取扱説明書、広告が入っていました。

本体のポーチを開けると…。ゴチャゴチャ…。

ゴチャゴチャを広げてみると、イヤフォン本体、MicroUSBケーブル、イヤーピースなどが入っていました。

本体。ケーブルが想像以上にヒョロヒョロです…。

ケーブルの中間には、マイクセットと音量調節ボタンがあります。

Bluetoothイヤフォンなので、充電ポートもあります。

裏面にはメーカーロゴと技適マークがプリントされています。

小さなLEDが仕込まれていて、充電中は赤色に点灯し、

電源オン時/充電完了時には青色に点灯します。

イヤー部分は高級感のある鏡面加工になっています。

またマグネットが入っており、保管時にこうしてまとめられます。

ケーブルは平形タイプ。少し引っ掛けた程度で切れそう…。
イヤーピースの中はなぜかグリーンになっていますね。

iPhoneに接続して動作確認を行って見ました。

iPhoneにペアリングする場合『設定』>「Bluetooth」>「Q12」をタップします。
イヤフォン側をペアリングモードにするには、真ん中の「再生」ボタンを6秒以上長押しします。

iPhoneの標準機能として、バッテリー表示の横に接続状況が表示されたり、通知センターに「バッテリー」ウィジェットと追加すると%でバッテリー残量を確認することが出来ます。

さらに、Apple Watchとペアリングすることも可能です。




着用中の写真はこんな感じ。

形状が形状なだけあって、耳にフィットします。

肝心の音質ですが、少し低音が弱いかな。と感じました。
世の中には低音を強くして音質を誤魔化している製品もありますが、中音〜高音は割と綺麗に出ているので低音を強くして音質を誤魔化している感じではなさそうです。

Bluetoothイヤフォンとしては最も安い部類に入りますが、音質もそこそこ良いので入門機などには良いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントをどうぞ